CONTACT

マンションのリフォーム その1 〜マンションリフォームの流れ~

マンションのリフォーム その1 〜マンションリフォームの流れ~

マンションの購入を検討する際、リフォームありきで中古マンションを購入する選択肢は珍しいものではなくなりました。快適な生活を送るために様々な箇所がリフォーム検討ポイントとなりますが、中でもトイレのリノベーションは優先度の高い空間としてのご要望が増えてきました。

冬場の寒さを何とかしたい、老若男女問わず使いやすいトイレにしたいなど、様々なご希望があるかと思いますが、トイレをリフォームする際は、広さや目的に合った便座や機能を選ぶことが大切です。

お悩み別!マンションのトイレリフォームをご提案

◇清潔・快適に使いたい

一人になれるトイレの空間は、多くの方にとってちょっとだけ落ち着ける空間となっているのではないでしょうか。

また、中古マンションのトイレリフォームで、意外と見落としがちなのが収納スペースの有無。消耗品・清掃用品の収納とあわせてアロマスティックやいい香りのするハーブなどが置けるスペースを作ってもいいかもしれません。

◇おしゃれで広々とした空間にしたい

トイレは、便器とタンクを組み合わせたタイプが主流です。限られたスペースで広々とした空間にしたいという場合は、タンクレスという選択肢もあります。タンクがない分高さが抑えられ、空間を広く見せることができるのはもちろん、スタイリッシュでおしゃれな印象にもつながります。

 

また、壁や床の仕上げの内装も色や素材の選び方によって、中古というイメージを刷新し清潔感のある開放的な空間の演出ができます。

◇小さい子どもやシニア世代も使いやすいトイレが良い

トイレ個室内に手洗い場や手すりを設けると、子どもやシニア世代も使いやすいトイレになります。色々なところをさわりたがるお子さまがいらっしゃるご家庭でしたら、手洗い場を設けることでトイレ後に手を洗うトレーニングになります。

 

また、シニアの場合はふたが自動で開閉するタイプもおすすめ。ふたの開け閉めは限られた空間の中で体の向きを変えたりかがんだりする動作が必要になるため、快適性に大きく影響する場合があります。特に中古マンションの場合トイレ空間が少し狭く感じられることもあるため、全体的な広さも含めてリフォームをご検討ください。

マンションリフォームをスムーズにするコツ

マンションのリフォームは一般的なリフォームと違う確認事項や手順があります。

 

1.管理規約、使用規則を確認

まずは、リフォームできる専有部分とできない共用部分の確認、どこまでリフォームしていいのか…を管理規約や使用規則で確認してみましょう。その上で、ご希望のリフォームとすり合わせていきます。

 

念のため管理会社や管理組合にも確認、承認を得ておくと後の流れがスムーズです。

 

2.業者との打ち合わせ

どのようなリフォームをしたいのか、お住まいのマンションでどのようなリフォームが可能なのかを候補となる業者とも確認させていただくと、日程や費用といったプランのご提案がしやすく大変助かります。

 

◇CHECK!

  • 工事日程は?

  • 工事が可能なだけの電気・ガス容量が確保できるのか?

  • 工事用車両が駐車場を使用することはあるか?

 

3.業者が決まったら…

事前提案してもらったプランから変更はないか、念のためもう一度確認しておきましょう。管理会社や管理組合に改めて工事内容の説明、連絡を入れておくとともに、近隣住民にも挨拶しておくと未然のトラブル防止になります。

 

※工事途中で追加施工が必要になった場合、施工業者に都度確認・報告を依頼しておくと安心です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。